不動産 購入

不動産の購入代金を親から借りたら

不動産の購入代金を親に出してもらう人は少なくありません。しかし、出してもらうのではなく借りると言う人も多いです。血のつながった親から借りると言えど、きちんと借用書を作成しなくてはいけません。口約束だけだと贈与と見なされる可能性があるからです。贈与と見なされれば、高い税金を払わなくてはいけなくなるので注意しましょう。返済は親の口座に振り込むと言うのが一般的です。しかし、毎月振り込むとなると、振込み手数料がばかになりません。振り込み手数料を節約したいと考える人も多いでしょう。そこで、親名義の預金通帳を預かり、預金と言う形で返済しようと考える人がいます。預け入れの場合、手数料はかかりません。ですが、これは気をつけた方がいいです。預け入れだと、誰が預け入れしたか分かりません。贈与税を免れたいがためにそうしていると思われてしまう危険性があります。手数料はかかりますが、振込みで返済した方がいいでしょう。